R+R=Now、初のライブ盤リリース決定&ケンドリック・ラマーのカバー曲を配信開始

R+R=Now、初のライブ盤リリース決定&ケンドリック・ラマーのカバー曲を配信開始
         

R+R=Now初のライブ盤

ロバート・グラスパーが中心となり結成された豪華バンドR+R=Now。彼らが初のライブ盤「ライヴ」をリリースすることが発表された。

本作は言わずと知れたジャズ・クラブ、ブルーノート・ニューヨークで2018年に行われたグラスパーの約一ヶ月に渡るレジデンス公演で行われたライヴを収録したもの。全7曲のうち5曲が2018年のスタジオ・アルバム『コラージカリー・スピーキング』の収録曲となるが、スリリングで臨場感あふれるダイナミックな演奏はスタジオ盤とは全く異なり、ジャズ・アーティストの真骨頂である“ライヴ”感を堪能できる作品となっている。

(UNIVERSAL MUSIC JAPAN)


ライヴ リリース情報

2021年2月26日 発売 SHM-CD UCCQ-1132



トラックリスト

  1. Respond
  2. Been On My Mind
  3. How Much A Dollar Cost
  4. Change Of Tone
  5. Perspectives/Postpartum
  6. Needed You Still featuring Omari Hardwick
  7. Resting Warrior


ケンドリック・ラマーのカバー曲が配信開始

そして同アルバムに収録されるケンドリック・ラマーのカバー曲「How Much A Dollar Cost」の先行配信が開始された。各種音楽配信サービスで聴くことができる。


配信サービス一覧


How Much A Dollar Cost – Apple Music


How Much A Dollar Cost – Spotify



ライヴ(SHM-CD)をAmazonで見る

       Newsカテゴリの最新記事